おでこニキビの治し方

スキンケアは30代が命

MENU

いつまでもしっとり、もちもちを保つ方法

シーズンに一回は肌がガサガサになってしまい、普段使用している化粧品が何からなにまで合わなくなってしまう時がある敏感肌の私は、普段から保湿を心がけています。

 

有名なブランドで高価なものを試してみたいけど手が出ないし・・・

 

でもちゃんと肌のケアはしたい!というのが女性なら思ったことはあると思います。

 

肌荒れを起こしてしまった後は、一度合わなくなってしまった物を捨ててしまったり、使用しなくなるというのは非常に残念なので、また使えるように肌をいたわり、休ませ、しっかりと補修して行くことに重点を置いています。

 

普段、私はドラッグストアで手に入るいわゆるプチプラ(安い値段)でコスパ(コストパフォーマンス)が良いものを使用しています。

 

ですが、何でもいいという訳ではなく低刺激だったり無添加なものを全部ではありませんが取り入れるようにしています。

 

全てを無添加だったりオーガニックに変えられれば肌にとってはとてもいいことなのだと思いますが、予算的な問題もあり全てを変えられないので、無添加やオーガニック以外のコスメは本当に肌に合うかどうかテスターをしてから購入するようにしています。

 

肌が荒れてしまった時は美白化粧品系はビタミンCが多く配合されているので肌がピリピリとしみると感じる方もいらっしゃると思います。

 

実際私もそうなってしまうので、美白は一度お休みして入浴後と朝の洗顔後に保湿パックをするようにしています。

 

パックも美白用ではなく、保湿用を選ぶことがポイントです。

 

安価なパックを使用しても、一日に二回することで化粧水などの肌への浸透効果もあがり、ガサガサなどのトラブルは一週間以内にしずめることができます。

 

血色も良くなり、肌のトーンが上がるのでメイクもいつもよりも薄くしても映えるようになります。

 

普段から時間があるときにしておくと肌にはいいお手入れなのだと思います。

 

また紫外線も肌トラブルの天敵なので、しっかりと紫外線予防をすることもオススメします。

 

日焼け止めは塗ってから30分後に効果が出てくると言われているので、起床後、洗顔をしてパックをして整えた後に日やけ止めクリームを塗りしばらくしてからメイクをするのがオススメです。

 

時間がない場合はパックを省略してください。

 

高い化粧品を使用しなくても、自分に合ったものを見つけられると、肌トラブルを起こしたときだけではなく、常日頃から綺麗なモチモチ肌をキープできます。